おまとめに適した限度額の高いカードローンについて

審査によって決まる限度額

キャッシングやカードローンではご利用限度額を設定しています。
最近では特に銀行のカードローンなどでは、
500万円~1000万円といった高額な利用限度額が用意されているケースも多く、
まとまった資金を借りることが可能です。

しかし当然ながら、こういった高額な限度額についてはだれもが利用できるというわけではありません。
キャッシングやカードローンでは必ず審査を行っており、その審査によってご利用限度額が設定されています。

高い限度額が設定されたカードローンであっても、審査においてこの限度額であれば支払いが可能であろう。
と判断された限度額がそれぞれに設定されるわけです。
審査で判定されたお申込者の信用力や支払い能力が高いほど、高いご利用限度額が設定されます。

そういった意味では例え1000万円までの限度額を謳っているカードローンであっても、
実際に1000万円の限度額が設定される方は、ほんの一握りであると考えられます。
あくまでも、金融商品として1000万円までは対応しているという意味なのです。

総量規制と限度額

消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシングの場合、
貸金業法に則った営業となるので、借り入れは年収の3分の1までに制限されます。
もしも500万円の限度額設定が欲しいのであれば、他にまったく借り入れがない場合でも
年収は1500万円以上である必要があります。

こういった理由から、消費者金融やクレジットカードの限度額は、
数十万円から大きくても100万円程度であるともいえます。

  総量規制 限度額
消費者金融・クレジットカード 対象 数十万円~100万円程度
銀行カードローン 対象外 500万円~1000万円

また銀行のカードローンの場合には、銀行法に則った営業となりますので、
総量規制の対象外の借り入れとなりますので、基本的には年収に左右されるものではありません。
このことから銀行のカードローンでは、高額な利用限度額が用意されているともいえるわけです。

限度額が高いほど低金利

キャッシングやカードローンでは、同一のカードローン商品であっても
ご利用限度額が高いと金利も低くなる傾向があるので、
優良な顧客はより有利な条件で融資を受けることが出来ます。
設定されたご利用限度額の範囲で何回でも借り入れしたり返済することが出来て大変便利です。

設定限度額によって違う金利(例)

また、キャッシング・カードローンは、
住宅ローンや自動車ローンなど予め使いみちが決まっている目的ローンとは違い、
フリーローンですので、借りたお金の使いみちは事業性資金以外であれば、
何の目的に使ってもかまわないので、あらゆる目的に利用できるのはいうまでもありません。

さらに、低金利で限度額の高いカードローンは、おまとめローンとして利用するのにも、
適しているといえます。次のページではおまとめローンについて触れてみたいと思います。

一般的なローン解説に役立つサイト

aboutplanning

litbl